いわま亭の歴史

いわま亭はうなぎ・天ぷらの専門店として創業以来変わらない場所で、地元の皆様にご贔屓にしていただいています。また、普段のお食事や会食などで和食を楽しみたい時、気軽に立ち寄れる場所として丁度良い料理屋です。日本の風情を味わいたいという方はぜひ一度、いわま亭までお越しください。なお、当店では出前・仕出しも受け付けております。「美味しいうなぎ・天ぷらを自宅で味わいたい」という時には出前を。法要・法事などしめやかなお席に添えるお食事には仕出しを。ご来店お客さまの元へもいわま亭の味をお届けいたします。お気軽にお声がけください。

元は米穀店

いわま亭は元々「いわま米穀店」という米屋でした。そして、昭和48年に「お米を美味しく味わって欲しい」という強い想いから料理店も開業。うなぎや天ぷらにこだわりがあるのはもちろんですが、お米に一際こだわりを持っているのはそのためです。当時の仙台では、うなぎ屋はあまり多くなかったと聞きます。また、仙台八幡近辺では、料理屋自体があまりありませんでした。それに加え、いわま亭は創業以来場所を変えずに営業しておりますので、地元の方や近くの大崎八幡宮への参拝にこられた方々から愛される馴染み深いお店となっています。

元は米穀店

創業40年来の職人たち

いわま亭では創業以来腕を振るい続けている職人たちがいます。和食一筋、うなぎや天ぷら調理の培われた技術、阿吽の呼吸で次々に料理を仕上げていく姿はまさに職人です。丑の日には一日に1000匹のうなぎを扱うことも。また、仕出し料理の場合は、指定された時間に遅れるわけにはいきませんが、あまりに早くに作り置きしても味が落ちてしまいます。素早く調理し、なおかつ味を落とさない工夫はいわま亭の職人たちの誇り。これからもますます磨きをかけていきたい部分です。

創業40年来の職人たち

落ち着いた佇まい

アパートや住宅に囲まれた閑静な場所に構えた店舗。民家をそのまま利用していますので、部屋の中はもとより建物外観や中庭など、随所に風情と昔ながらの日本を感じていただけます。この都会の喧噪を忘れる落ち着いた佇まいも、いわま亭の自慢のひとつです。

風情ある中庭
店舗案内